• 集合研修
  • 通信教育
  • 新入社員研修
  • 内定者研修
  • 教材販売

AIの基礎知識を身につけ、事業に活用する

AI活用のためのG検定

研修期間

1日7時間×2日間=計14時間

研修費用

少人数からご要望に応じ、カスタマイズしてお見積りいたします。

研修の目的

  • ●G検定は、日本ディープラーニング協会が実施しているAI(ディープラーニング)の基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているかをはかる検定です。
  • ●まったくの初学者でも理解できるようにG検定の出題範囲をかみ砕きながら説明し、本番試験を想定した模擬問題でも得点できるようになる事を目的としています。
  • ●AI(ディープラーニング)の基礎的な概念や基礎技術、その課題を網羅的に学習できるため、ディープラーニングを含むAIを理解するための入り口として最適です。
対象者
  • 技術者はもとより、事業にAIを導入・活用しようとされる方
  • G検定に合格したい方
関連研修のご案内

AI活用のための基礎講座

機械学習概論

1日目

1.オリエンテーション
コースのねらい/学習目標/研修概要と進め方/研修の構成

2.人工知能(AI)とは
人工知能とは/人工知能の歴史

3.教師あり学習 
機械学習と教師あり学習/様々な教師あり学習法/予測モデルの性能評価

4.教師あり学習 ディープラーニング概要
ニューラルネットワークの概要/順伝播/学習の流れ/深層学習とニューラルネットワーク

5.教師なし学習
概要/クラスタリング/次元削減/教師なしのディープラーニング①②

6.ディープラーニングの応用手法
CNN:畳み込みニューラルネットワーク/RNN:リカレントニューラルネットワーク/深層強化学習/処理基盤とフレームワーク

2日目

7.人工知能の研究・産業応用
画像領域/音声領域/自然言語領域/強化学習領域

8.人工知能に関する諸問題
AIの諸問題/技術的問題

9.人工知能に関する諸問題(承前)
組織的問題/法律整備の問題/倫理的な問題

10.その他 試験頻出用語・模擬試験・まとめ

■こちらから参考記事(コラム)をご覧いただけます。 

『AI利活用の推進に求められる人材育成とは』
一般社団法人日本ディープラーニング協会 事務局長 岡田隆太朗氏

  • ※教材構成・カリキュラム等は一部変更される場合がございます。予めご了承ください。
対象となる階層
  • 内定者・新入社員
  • 中堅社員
  • 管理職
  • 役員
研修分野
  • 実務
  • 資格試験対策研修
  • ヒューマンスキル
  • 語学