• 集合研修
  • 通信教育
  • 新入社員研修
  • 内定者研修
  • 教材販売

高度な情報セキュリティ人材を育成・確保するための新制度誕生

情報処理安全確保支援士 試験対策

研修期間

1⽇7時間×5日間=計35時間

研修費用

少人数からご要望に応じ、カスタマイズしてお見積りいたします。

研修の目的

  • ●情報セキュリティを担う専門人材を育成・確保を目指して創設された制度「情報処理安全確保支援士」の資格取得を目指します。
  • ●午前Ⅱ対策として情報セキュリティの専門知識を整理、セキュリティの最新の事例を取り入れながら知識定着を図ります。
  • ●午後Ⅰ・午後Ⅱ試験対策として、身につけた知識を応用し、問題文読解方法や正解キーワードの見つけ方を学習。短時間で解答を導き出せるテクニックを身につけます。
対象者
  • 情報処理安全確保支援士資格の取得を目指す方
1日目

1,午前Ⅱ試験対策

セキュリティの専門知識を学習するとともに、午後Ⅰ・午後Ⅱ試験を突破するための知識の土台を作る

2日目

2,午後Ⅰ(記述式)試験対策

出題傾向、短文構成方法、設問ごとの表現例、過去出題事例研究/合格点をとるための文章表現/問題演習と解説(過去本試験等による演習)

3日目

3,午後Ⅰ(記述式)試験対策

問題演習と解説(過去本試験等による演習)

4日目

4,午後Ⅱ(記述式)試験対策

出題傾向、文章構成方法、設問ごとの表現例、過去出題事例研究/合格点をとるための文章表現/問題演習と解説(本試験問題等による演習)

5日目

5,午後Ⅱ(記述式)試験対策

問題演習と解説(セキュリティ総合問題にチャレンジ。過去本試験等による演習)

対象となる階層
  • 内定者・新入社員
  • 中堅社員
  • 管理職
  • 役員
研修分野
  • 実務
  • 資格試験対策研修
  • ヒューマンスキル
  • 語学