• 集合研修
  • 通信教育
  • 新入社員研修
  • 内定者研修
  • 教材販売

知的財産の管理などで必要な応用知識を学習する

知的財産管理技能検定® 2級Webコース

  • 2021年2月開講
受講期間

2カ月

受講料

42,000円(消費税10%込み)

難易度

★★

受講形態
  • Web

コースの特色

  • ◇知的財産管理技能検定®3級に合格されているという方や、既に2級の受検資格をお持ちという方のためのコースです。
  • ◇特許・実用新案・意匠・商標・著作権法・不正競争防止法といった幅広い分野について、広く深く学習します。
  • ◇無理や無駄を省き、約30時間にまとめられたコンパクトなカリキュラムにより、2級突破を目指すことができます。
本試験実施月

3月・7月・11月(年3回実施)

教材構成
  • ◇TAC2級オリジナルテキスト(1冊)
  • ◇スピード問題集(早稲田経営出版)学科(1冊)/実技(1冊)
  • ◇Web講義動画(9回)
  • ◇2級実力テスト(1回/学科・実技)
※送付教材の一例
コース内容

1.特許法 2.実用新案法

企業経営と特許、発明とは、特許の要件、特許調査とパテントマップ、必要な書類、特許を受けることができる者、出願後の手続等、拒絶理由通知への対応、拒絶査定・特許査定、外国特許出願、特許権の管理・維持、特許権の活用、特許権のライセンス、特許権の範囲、特許の侵害、実用新案

3.意匠法 4.商標法

意匠権とビジネス上のメリット、意匠登録の条件、意匠登録出願手続、意匠権の管理と活用、商標権とビジネス上のメリット、商標登録の条件、先願商標の調査、商標登録出願の手続、商標権の管理と活用、他人の商標権への対応、外国での意匠商標出願

5.著作権法 6.不正競争防止法 7.独占禁止法 8.関係法律の基礎

著作物性、著作者とは、著作者の権利、著作隣接権、著作権の変動、著作物を許諾なく利用できる場合、著作権侵害と救済、著作隣接権利、契約の締結、契約に関するトラブル対応、産業財産権と不正競争防止法の関係、トレードシークレット(営業秘密)、独占禁止法、種苗法

知的財産管理技能検定®2級の受検は、一定年数の実務経験、または知的財産管理技能検定®3級合格などの受検資格が設定されています。詳細は、知的財産教育協会の「知的財産管理技能検定ウェブサイト」にてご確認ください。
  • ※教材構成、コース内容等は一部変更される場合がございます。予めご了承ください。
  • ※Webの動作環境につきましては、動作環境確認ページでご確認ください。 https://bs.tac.biz/check/
対象となる階層
  • 内定者・新入社員
  • 中堅社員
  • 管理職
  • 役員
研修分野
  • 実務
  • 資格試験対策研修
  • ヒューマンスキル
  • 語学