• 集合研修
  • 通信教育
  • 新入社員研修
  • 内定者研修
  • 教材販売

コンプライアンス能力習得のための法務実務の応用編

ビジネス実務法務検定試験® 2級コース

受講期間

4カ月

受講料

19,700円(消費税10%込み)

難易度

★★

受講形態
  • 通信

コースの特色

  • ◇ビジネスパーソンに必要とされているコンプライアンス(法令遵守)能力の習得を目的とした法務実務の応用コースです。
  • ◇2級本試験で頻出の重要項目を中心にビジネスにおける法律的な基本事項を解説したTACオリジナルテキストを使用します。
  • ◇テキストに掲載された過去問題や、演習問題でアウトプットトレーニングを行います。なお、2020年4月1日施行の民法の改正法に対応しています。
本試験実施月

6月・12月(年2回実施)

※本試験スケジュールは、実施年度により異なる場合がございます。詳細は受験予定年度の受験要項をご覧ください。

  • ◇テキスト(上・下巻、2冊)*重要過去問掲載
  • ◇演習問題(4回)
  • ◇質問カード
◆2020年3月申込まで : 2019年受験目標教材
◆2020年4月申込以降 : 2020年受験目標教材
コース内容

1,取引を行う主体

株式会社のしくみ、株式会社の運営(剰余金の配当・会社の計算・企業規模の拡大と企業結合・会社の資金調達・解散・清算)
2,会社取引の法務

ビジネスに関する法律関係、損害賠償に関する法律関係
3,会社財産の管理と法律・債権の管理と回収・債務者の倒産についての対応策

流動資産の運用・管理の法的側面、固定資産の管理と法律、日常的な債権の管理、緊急時の債権回収、破産手続と取引関係への影響、会社更生手続の意義、民事再生手続と取引関係への影響、任意整理
4,企業活動に関する法規制

独占禁止法による規制と取引の注意点、不正競争防止法による規制、知的財産権の保護、消費者保護関連の規制、情報化社会に関わる法律、金融・証券業に対する規制、食品の安全に関する法規制、その他の規制及び企業に関わる犯罪
5,会社と従業員の関係

労働組合と使用者との関係、社会保険 等
6,紛争の解決方法

民事訴訟手続、その他の紛争の解決方法
7,国際法務

国際取引に関する法的諸問題と対応のポイント、契約書作成上の問題 等

※教材構成、コース内容等は一部変更される場合がございます。予めご了承ください。
※ビジネス実務法務検定試験®は、東京商工会議所の登録商標です。

対象となる階層
  • 内定者・新入社員
  • 中堅社員
  • 管理職
  • 役員
研修分野
  • 実務
  • 資格試験対策研修
  • ヒューマンスキル
  • 語学