ご紹介動画(お試し版)

メンバーの成長を促す「アスリート型チームビルディング」

従来のチームビルディング理論の根幹は「コミュニケーションの量を増やして質を高める」ことにありますが、リモートワーク下で「コミュニケーションの量を増やす」ことは難しいと言えます。スポーツの日本代表チームなどは、コミュニケーションの量に依存しないチームビルディングを行っており、当動画ではこの「アスリート型チームビルディング」をご紹介します。アスリート型チームビルディングでは、「個のチカラ」への評価を自分自身ではなくチームメンバーやリーダーに委ね、自らは主体的に「個のチカラ」を発揮しながら、チームの成長と成果に貢献・関与していきます。「①周囲を常に見渡す②自分で考える③自らアクションする」ことが求められる働き方のスキルであり、受講者の「組織人としての成長」を強く促す効果が期待できます。

こんな課題をお持ちではありませんか?解決策をご紹介します!

  • リモートワークではチームで働いている実感が得られにくい
  • コミュニケーションがとりづらく、チームワークが低下しているように感じる
  • 適材適所のチームを作りたいが、具体的な方法がわからない
対象者

  • リモートワークで働くチームや組織のメンバー、リーダー、管理者の方
カリキュラム
この研修のカリキュラムほか詳細を見る

担当講師

坂井 伸一郎(さかい しんいちろう)

株式会社ホープス 代表取締役社長
米国CTI認定 プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)
国際コーチング連盟認定 アソシエイト・サーティファイド・コーチ(ACC)

成蹊大学法学部法律学科卒業(1993年3月)
株式会社高島屋で食料品部門・新規事業開発・経営企画(1993年4月〜2006年4月)
ギフトベンチャーで経営企画・管理本部業務・代表取締役(2006年5月〜2011年4月)
株式会社ホープス代表取締役社長(2013年1月〜現在)

 

【講師実績】

  • アスリート育成にかかるプログラム開発経験(10年/約500案件/のべ約10,500名)とアスリートの育成・教育への直接関与経験(10年/約130案件/のべ約3,100名)では国内随一の実績
  • プログラムノウハウを求める企業や学校法人からの依頼で数多くの企業研修や学生向け研修・セミナーに登壇している
  • 自身が大企業(高島屋)とベンチャー企業(ギフトベンチャー)、それぞれにおける職務経験およびマネジメント経験を持ち、求める人材スキルも理解していることから、理論理屈ではなく「実際に使える研修」を行える点で定評がある

(スポーツ系)

  • 日本オリンピック委員会、プロ野球球団、スポーツ関連団体 他多数

(企業系)

  • 輸送用機器メーカー、百貨店、スポーツメーカー、建設、小売業、水産・農林業、商社、生命保険 他多数

ご紹介動画(フルバージョン)

ご紹介動画(フルバージョン)は、パスワードをご入力いただくとご視聴いただけます。
ご覧になりたい方は、当ページの「動画(フルバージョン視聴)を申し込む」からお申込みください。お申込み後すぐに届く自動返信メールにて、「視聴用パスワード」をお知らせいたします。
*お申込み後すぐにご視聴いただけます。

 

リモートワーク下でもチーム力を高める「アスリート型チームビルディング」
>

このほかにも、さまざまなテーマの研修紹介動画をご用意しております。
最新のトピックスを吸収する機会としてもご活用いただけますので、ぜひ合わせてご覧ください。
⇒ ご案内ページはこちら