• 集合研修
  • 通信教育
  • 新入社員研修
  • 内定者研修
  • 教材販売

SEとしての土台となる基本情報技術者を目指す

基本情報技術者マスターコース

  • 午前試験免除認定講座
受講期間

6カ月

受講料

47,000円 (消費税10%込)

コースのねらい

  • ●基本情報技術者試験の合格を目指す試験対策講座で、午前試験免除制度の認定を受けたコースです。当コースを受講のうえ、一定の要件を満たした方は本試験を1年間、午前試験免除で受験することができます。
  • ●本コースは、IT基礎の導入である「IT基礎マスター」、午前試験対策の発展学習・応用学習の「FEレベルアップ講座」、午後対策の学習、試験対策演習の「FE午後対策講座」の3段階ステップで学習する構成です。
  • ●午前試験対策は、テキスト学習でわかりづらいテーマについてWebによる講義動画を配信して理解を助け、Webテストで繰り返し学習を行うことで知識の定着を図ります。
  • ●午後試験対策は、理解が難しい「アルゴリズム」「プログラム言語」をWebによる講義動画で解説し、「午後問題アプローチ講義」で午後問題の解説を行います。
  • ●Web学習はスマートフォン、タブレット等でも行うことができます。
教材構成
  • テキスト(5冊)
  • 問題集(2冊)
  • テスト(11回 Web上で実施)
  • 公開模試(1回)
  • Web講義動画
受講形態

Web通信

Web動作環境

動作環境につきましては、動作環境確認ページでご確認ください。https://bs.tac.biz/check/

Web講義動画

1コマあたりの視聴時間は、10分から15分。※
日々まとまった学習時間が取れない方でも学習しやすい時間に単元を区切っています。TAC情報処理専任講師が、学習のポイントやアルゴリズムなど独学では理解しづらい分野を丁寧に解説します。

※午後対策の講義は1回あたり30~40分程度です。

学習範囲

IT基礎マスターで基礎を押え、レベルアップテキストで応用分野を学習するステップアップ方式を採用

テキスト

TACのIT基礎学習教材である、「IT基礎マスターテキスト」でITのベースとなる知識をしっかり学習!!IT用語に「よみ」を付け、初学者が分かりにくいIT用語でつまずかないようにしています。

(例)BIOS
Basic Input Output System
バイオス

午前試験免除の要件

午前試験免除認定資格を取得するためには、下記条件を満たす必要があります。当コースを受講していただき、
①午前対策をTACの修了基準で修了すること
②IPA午前試験免除修了試験に合格していること
以上①、②の要件を満たした方が、本試験において午前試験が免除となります。

本試験までのスケジュール(春試験の場合)

注意事項

  • ◎午前免除修了試験受験料:2,000円/1回分(消費税込/2019年5月現在)がコース受講料の他に別途必要です。
  • ◎午前免除修了試験は、当コースとは別に申し込む必要があります。受験される方は申込締切日(別途ご連絡)までにお忘れなくお申込みください。なお、午前免除修了試験の申込方法は、団体申込のみとなります。詳しくは、団体受験の取りまとめ担当者様にご確認ください。
  • ◎午前免除修了試験の会場は、東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・広島・福岡・金沢の8会場です。
科目・内容

1,IT基礎マスターⅠ-コンピュータシステムの基礎-

ハードウェアやソフトウェアの基礎知識を学習するとともに、ネットワークの基礎知識、またそれに伴う情報セキュリティの確保に関する内容をマスターします。

2,IT基礎マスターⅡ-システム開発の基礎-

将来IT技術者を目指す方を対象とし、関係データベースやアルゴリズムの基礎といったシステム開発の基礎要素を学習するとともに、システム開発、マネジメント、企業活動全般の基礎を理解できるようにします。

3,FEレベルアップ講座

IT基礎マスターⅠ・Ⅱで学習した基礎知識の上に基本情報技術者試験レベルまでの知識を積み重ねていきます。基本情報技術者試験の午前分野の範囲を補完するとともに、午後試験の選択問題対策の基礎知識を学習します。

4,FE午後対策講座-アルゴリズム-

午後試験の必須問題である、アルゴリズム対策です。基本アルゴリズムとデータ構造を理解し、擬似言語の記述をマスターします。

5,FE午後対策講座-プログラミング-*

午後試験選択必須問題である、プログラム言語・表計算の学習をします。選択したプログラム言語または表計算ごとにご用意しています。
* プログラミング言語、表計算の5つから1つを必ず選択。

対象となる階層
  • 内定者・新入社員
  • 中堅社員
  • 管理職
  • 役員
研修分野
  • 実務
  • 資格試験対策研修
  • ヒューマンスキル
  • 語学